【複業スクール】消費税免について②

【消費税免について②】

From:南 憲司

消費税が10%に引き上げられることによって、軽減税率云々より

2023年10月より ”インボイス制度”が導入されることの方が

中小零細企業や自営業者にとっては影響が大きいと思われます。

インボイス制度とは?

簡単に言うと、

請求書の書き方や保存の仕方の規定が変わること。です。

で、何が問題かというと、

①この様式にしないと仕入に対する消費税が認められなくなる

②免税業者はこのインボイスの請求書が発行できないので、免税業者に支払った分は消
費税の控除がされない

具体的には、こういうことが起こると思われます

 

消費税込み売上1億1千万円(税込)の会社がありました

消費税を支払っている会社Aさん

Aさんの売上に対する消費税は1千万(10%)です

ここから、消費税の控除、つまり仕入れ価格や諸経費での支払いを引きます

例えばこれらが5千5百万円(税込)だったとします。

すると仕入控除額(仕入の際にかかった消費税)は5百万円(10%)になります

よってA社さんの支払い消費税は1千万ー5百万=

5百万円 となります。

ところがインボイス制度適応になると仕入業者さんがや外注業者さんが免税事業者の場合その取引分は仕入控除額に含まれません。

仮に仕入や諸経費が全て免税事業者さんからの購入や外注であれば

仕入控除額が   5百万円→0円

したがって支払い消費税は  1千万円!

ただし、免税業者に支払う仕入れ価格や諸経費の支払いは

5千5百万円(税込)から5千万(税抜き)になります

5百万円を業者さんに払うのか、消費税で課税されるかの違いで総支出額は変わりません。

ただし免税業者、仕入業者に入っていた消費税5百万が支払われなくなります。これは事実上、売上が下がることになります

つまりざっくりいうと、今までは免税事業者(売上1千万未満)の方は消費税をもらって実質それは自分の売上となっていたわけです。

インボイス制度が始まり2023年からは免税業者は消費税をもらえないか、注文自体をもらえない(課税事業者に切り替えられてしまう)可能性があります。

一応今のところいきなりではなく2023年から2026年にかけて経過措置が取られるようで
すが。。

根本的なことはいかに付加価値をつけたビジネスに転嫁できるかだと思います

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓