【複業スクール】社長の役割

【社長の役割】

From:南 昭和

サラリーマンの時、”社長”というものに憧れた。

イメージとして

”えらい人” ”儲かる人” ”自由な仕事”など

プラスなことしか思い浮かばなかった。
(お子ちゃまやなぁ~)

現在、従業員を抱えてみると

そんな甘くない!!

朝、早く来た時は従業員の机を拭いて

掃除機をかけることも
(最近は部長が早くきてやってくれる、感謝)

社長は、従業員が仕事をしやすい環境をつくる役割
(人と人の間に入って調整することも必要)

会社が儲かってなくて、赤字でも給料をしはらう。
(従業員の生活を守るため)

ボーナスも金を借りて支払ったこともある。
(社長はボーナスをもらったことない)

どれだけ残業しても、何日休日出勤しても無償。
(労働基準法は非雇用者をまもるため)

ただし、やりがいはある!!

責任の大きさは、自己重要感の大きさ!!

ただし、よほどの覚悟がないと

他人様を雇用せず、

個人事業でやったほうがいい。

個人でも大きく稼げる時代になったので。

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓