【複業スクール】雨降りの日に思うこと

【雨降りの日に思うこと】

From:南 昭和

雨が降る際に使われる言葉で

「天気が悪い」「悪天候」と言われ

ひどい使われ方で「雨に祟られる」まである。

雨はそんなに悪者か?

雨が降らなければ農家は困る。

ダムが干上がれば、生活用水のなくなる。

自分の心さえ晴れわたっていればいい。

出来事はすべて自分の捉え方で決まる。

天気、社会、周りの人の雰囲気に影響されずに

自分をコントロールできると良き人生となります。

晴れても、雨でもハッピー

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓