【複業スクール】外国人の労働者①

【外国人の労働者①】

From:南 憲司

今年になって外国人の労働者についての相談が

相次いで舞い込んできた。

そのうち2件が海外に外国人の送り出し機関を作るので

日本側の受け入れ機関を紹介して欲しいというものだった。

今年から法律が変わったので、外国人の労働者の枠ができたので

それをビジネスにしようという動きが目立ってきている

自分が理事を務めているインバウンド関連の協会の理事の人が

長年、外国人実習生を受け入れる協会の理事で、

この業界の中ではパイオニア的な立ち位置なので

そちらの方を紹介していくだけなのだが。。

そういう関係もあって、実際に外国人を使っている人

その人たちの生活を束ねている外国人の親分、支援している日本人、いろんな人と話す
機会が増えた。

名古屋だとコンビニ、飲食店、喫茶店、ホテルの掃除などで外国人の人が働いている姿
をよく見る

また工場や建築現場でも目にすることが多い。

飲食店やコンビニで働いている人の多くは、日本の日本語学校に留学してきている(学
生)さんだ。

名古屋にあるにに”東京”福祉大 という日本語学校が定員の10倍の学生をうけいtれ
て、かつ多くの学生が行方不明になってニュースになっている。

これが、日本語学校で学生で入国している人たちだ。

もちろんきちんとしている日本語学校もある。

彼らは(学生)につき(勉強するため)に日本に在留しており

在留資格は学生ビザである。

学生なので、働くとしても(1週間に28時間まで)しか働けない。

・・・という名目であるが実態は多くは働きに日本に来ている。

そして来日の際に、現地のブローカーや、学校に多額のお金を支払って

くる。

日本に来て、在学中に切り詰めて、28時間(プラスα)必死に働いて

借金返済と貯金を稼ぐということになる。

(学生)という名目で実は働きに来ている、ということである。

そしてもう一つは”実習生”である

(続く)

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓