【複業スクール】小規模な会社の未来

【小規模な会社の未来】

From:南 昭和

起業して自分一人での個人事業の
次のステップは
従業員を雇って、会社の規模を大きくする。

もちろん、一人でやるよりもレバレッジがかかるので
売上もあがるし、「社長!」と呼ばれるようになる。

これからは、このステップが大きな壁になる。

理由ないくつかある。

①人手不足により求人に人が集まらない
大手は資本力があるので、求人コストを支払えるが
個人事業レベルでは、求人コストを出せない。
(現在一人を採用するのに80万円以上かかる)
②雇用してからのコストが大きくなっている
働き方改革で大企業は今年、中小企業は来年から残業の制限など
厳しくなる。
(パートにも有給を義務化)
➂経済のしくみが大企業か個人しか残らない流れ
大企業はスケールメリットが生かせる、

個人は、ランニングコストが最小で済む
事務所兼自宅
営業車兼自家用車
など
自分と家族が生活できるレベルを稼げばいい。
※個人でランニングコストが多い人は消えます

お隣の韓国はこれが先行してます。

財閥系の大企業だけが儲かってます。

1年前に比べて従業員を抱えている自営業者は59,000人減って
従業員のいない自営業者は18,000人増えている

悪い時代でもない。

自分を磨けば、サラリーマンの10倍以上を
個人で稼げる時代でもある。

気をつけるべきは、うかつに他人を雇用しないこと。

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓