【複業スクール】モノに対する意味が変わる②

【モノに対する意味が変わる②】

From:南 昭和

前回の続きです。

音楽業界もCD、ダウンロードの売上をLIVEの売上が逆転した。

モノより体験(心の豊かさ)が求められる。

リサイクル業をやっているので、お客様との会話でも感じる

「キレイなダイヤが付いているので、お嬢様に譲ってはどうですか?」

お客様
「そう言ったんだけど、娘がいらないと断ったの」

ビックリ!
いらない!?

若者は、服やモノを買うときにメルカリで売れそうなものを
買うらしい。
転売するゴールを考えるのは、一時的な所有であるが
必要な時だけ使うのはどちらかというと「シェア」「活用」だ。

働き方も
会社という箱(モノ)に通う
必要なのは箱(モノ)でなくヒトである。

プロジェクトが立ち上がり、
最適なヒトが社内から社外から集まる。
プロジェクトが終われば解散。

そんな時代に入った

ヒトとヒトの繋がりの時代

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓