【複業スクール】投資案件に対する考え

【投資案件に対する考え】

From:南 昭和

人生において投資は大切です。

ただ、投資の一般的なイメージにズレがある。

”無知な自分”のお金をプロにお願いして、”楽して”金を増やしてもらう

とか
世の中には”自分の知らない情報”を持ってい、”スゴイ人脈”の人儲けている。

こんなイメージですね。

ちなみに、10年前の僕(一般人)のイメージです(笑)

過去に
証券会社から勧められた資源の投資信託、
知人に紹介された、海外不動産、海外の開発ファンド
直接の知人の大金持ちからも様々な案件に投資しました。
高速取引を使った最新の投資も
FXも e.t.c

結果は、無惨

すべての案件のマイナス合計は、
庭付きの一戸建てが名古屋の郊外に建つくらい(泣)

自己分析の結果
1、どうも性格が、「やってみないと分からない!」と
起業家の考え方で投資もしていた。
2、勧めてくる人が知り合い、スゴイ金持ちなど
話を客観的でなく、バイアスがかかった状態で聞いてしまっている。

そもそも、投資は勧められた時点で疑うべきである。
相手が友達でも、お金持ちでも
なぜ、勧めてくるか?
しかも、「おいしいケーキ」などの店やモノでなくて「投資案件」を、
勧めてくる?

勧めた人にメリットがあるから。

もちろん、最初から騙そうとする人ばがりではないです。
(そんな奴も何人もいましたが・・・)

ですから、お金を集める職業は厳しく監督官庁に指導されたり
国家資格が必要だったりします。
銀行、証券会社、保険会社、投資ファンド
仮想通貨交換業者など

私的にお金を集めて投資するのは、
出資法違反で逮捕です。

ちなみに、
自分の投資で黒字なのは誰かに勧められた案件でなくて
自分で判断して中長期で投資している株式投資です。

運用成績は、名古屋市内に中古のマンションを買えるくらい。

冷静に考えれば、世界1の投資家のウォーレン・バフェットで
年間の運用実績が20~30%です。(投資の神様はスゴイ!)

2018年は世界中のヘッジファンドがマイナスの運用で死にそうになってる
時代に、知り合いが「スペシャルな投資案件」を持っていのは、
不自然だと思う。

自分がコントロールできる「商売」が僕には合ってます。

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓