【複業スクール】可処分時間

【可処分時間】

From:南 昭和

まず、なじみのある言葉として
「可処分所得」
例えば、サラリーマンの場合
総支給から税金や社会保険料などを引いたお金を、手取りとして振り込まれる

この手取りは自分の自由に使えるお金です。
これが「可処分所得」

「可処分時間」は?
生活のため会社で働いて、帰宅してからは好きなこと使える時間ができる
これが「可処分時間」

こんな言葉ができたのはなぜか?

間違いなく、人生において”時間”の価値が理解されてきたからでしょう。
昭和の時代は、長く働くことが素晴らしい!
会社に何時まで残業してることが自慢!

人生100年時代で寿命が延びるのに、日々の時間が貴重であると
認識されるのは、皮肉な感じがします。

昭和の時代は、人生のコミュニティは会社と家庭だけでした。
(特に男は!)

その結果、定年したら友達がいない。
リストラされたら、アドバイスをもらえる人がいない。
趣味もなく会社に人生のすべてを置いてきた。

これからは複数のコミュニティに繋がる時代。

趣味の仲間、ボランティア団体、地域住人、複業のパートナーなど

100年時代をハッピーに過ごしたい。

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓