【複業スクール】固定費の削減【Part1】

【固定費の削減(Part1)】

From:南 憲司

1年ほど前に、振り込み手数料の話が社内で上がったことがあった

会社では、年中全国の地方で催事をやっている。

催事場所の場所代が300円などという場合もある。

ただし振り込む先の金融機関が農協だったり信金だったりすると振込手数料が500円と
か700円とか
かかってしまう。

また、業者さんへの支払い、外注費、買取代金の送金、などなど振込手数料だけで年間
100万円ほどかかっていた。

いろいろ調べて、信販系の振込サービスを使うと一律一件280円ということがわかり、
毎月3万円以上、年間40万円のコスト削減ができた。

年間40万円のコスト削減、これは同じ事をしていて、40万円手元に残るということ

例えば利益率が5%なら800万円の売り上げが新たに上がっていることになる。
しかも業務は増えずになのでなおさらすごい。

さらに会社で携帯電話を見直してみた。

携帯電話電話のプランはかなり特殊で知っていないと高くつく感じがした。

業務に支障がでないように番号を変えることなく毎月の支払いおさえることを念頭に調
べてみた

すると
長く使うよりも2年おきにキャリアをかえることが以下の点でお得のようだった。

新しいプランの方がギガ数や値段が割安
法人で10台以上ぐらいだと更に割引あり
また乗り換え時の違約金を負担してくれる
新しいスマホになり月々の料金に支払いが含まれるがそれでも以前より下がる
使っていたスマホは中古機器として手元に残るのでワイファイ用で使ったり中古電話屋
に売ることができる。

個人では、真似出来ないこともあるがとにかく定期的に見直すメリットは大きい
個人や家庭の携帯電話料金こそ見直しだ方がいい人が多い

ガラケーを通話用にしたり、
格安SIM携帯電話なども使用に耐えるレベルにくれば、毎月の支払いはもっと劇的に下
がるはず。

商売は、毎月お金を残さなければ続かない

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓