集客効果を得られるチラシの配り方とは

金太郎プリント
愛知県名古屋市にある集客専門のチラシ印刷会社、
「金太郎プリント」です。

今回はチラシを配る間隔についてお話をします。

チラシの内容ももちろん大事なのですが
チラシを配布する間隔にも気にする必要があります。

なぜならチラシを配布しても
タイミングによっては見られない可能性があるからです。

この記事を読むことで、
お客様にできる限り
あなたのチラシを読んでもらうために

チラシを配布する間隔をなどで
注意をすべきことがわかるようになります。 

集客を得るためのチラシを配る時期とは

集客を求めるために撒くチラシですが、
これには作成費用や配布する人の労力といったコストがかかります。

折角コストをかけてチラシを撒いたとしても、
反響がなければ意味がありませんね?

そこで、集客に繋がるチラシの配り方についてご紹介します。

まず、チラシを撒く時期ですが、
これはある一定の量のチラシを期間をおいて撒く方法と、
ある時期に集中して大量のチラシを撒く方法があります。

集客効果を得るのに有効なのは後述の方法です。

その理由として、浅く広く撒くことで、
チラシを受け取った人がチラシの内容を一瞬は目に止めたとしても、
記憶として残る可能性が低いことが考えられます。

たまたま以前から自分が興味を持っている内容のチラシであれば、
すぐに行動を起こすかもしれませんが、
そうでない場合は、目にした一瞬だけの認識しかなく、
後々の記憶にまで残らないからです。
 

人の記憶にない物は、この世に存在しないものと同じなのです。

 
そのためにも、例え短期間であっても、
大量のチラシを集中して撒き、受け取った人の記憶に残ることが重要です。

集客を得るためのチラシの配布場所とは

集客を得るためにチラシを撒くのに適している場所は、
店舗の近所です。
(目安として半径500メートル、
お店から1キロ程度が最も効果が高いと言われています)

 

受け取った人の立場になって考えてみれば分かりやすいのですが、
チラシを見て興味を持ったとしても、
すぐに行動を起こせる場所にないとなると、
その店舗に足を運ぶこと自体を躊躇してしまいます。

店舗までたどり着く道のりのリスクと興味の大きさを天秤にかけると、
中々すぐには行動に移せないものです。

その点、店舗の近くでチラシを撒けば、受け取った側も、
リスクを考えることなく気軽に行動することができます。
 

チラシを目にすることで、
今まで特に興味がなかった商品でも潜在的に持っていた興味が目覚めて、
集客に繋がる可能性もあります。
 

繰り返しますが、チラシで集客効果を得るには、
来て欲しい客にリスクを感じさせない場所で配布し、
集中して大量のチラシを撒くことで、
受け取った人の記憶に残るようにしましょう。

また、より多くの新規顧客を望むのであれば、
チラシを受け取った人の記憶が
甦る程度の近い時期に集中的に配ることをお勧めします。

期間限定 集客できるチラシを無料で欲しい方は他にいませんか?

なぜ「横綱のチラシ」を集客ができてしまうのか?

・新規制約数2.5倍以上
・安売りをせずに2倍以上の新規集客
・プロのコピーライターのレポートの特典付き

今ならこれらの成果を出したチラシのサンプルを無料でプレゼントしています!
期間限定の大サービスなので、この機会をお見逃しなく。