チラシ制作時に陥りがちな、失敗パターンを回避するには?

金太郎プリント
愛知県名古屋市にある集客専門のチラシ印刷会社、
「金太郎プリント」です。
こんにちわ!
愛知県名古屋市にある集客専門のチラシ印刷会社金太郎プリントです!

皆さんが、効果的なチラシを作り、効果的に集客できるために
本日は、効果的なチラシをつくるためのテクニックをお伝えします。

本日は、チラシ集客での失敗を回避する方法をお教えします♪

よりニーズのある層をターゲットとして想定する

チラシを制作するにあたってターゲット選びが重要だという事は、一般的によく言われる事です。

しかしそのターゲットとは一体どうやって決めれば良いのでしょう。

例えばターゲットにしたいと思う層と実際にそのサービスを必用としている層は別であるケースもあります。

よって本当にこのターゲットで大丈夫なのか、もっと他の層にニーズがあるのではないかなどを慎重に検討する事をお薦めします。

極端な話、学生街にある居酒屋なのにお店の雰囲気から考えて、ターゲットを主婦やOLに絞ってチラシを配ったとします。

元々OLが少ない街でチラシを配布したとして、どれぐらいの反響が期待出来るでしょうか。それよりはターゲットを学生に絞り、安くてボリュームのあるメニューや団体割引サービスなどをアピールした方がより多くの集客が見込めます。

来店してもらいたいという願望ではなくより需要のありそうな層に目を向け
その人達に対してのお得なサービス内容を掲載した方が反響率がアップする可能性が高いのです。

見込み客に届く形でチラシを配布する

ターゲットを絞りチラシを制作したら、今度はニーズのある層にきちんと届く手段でチラシを配布する必要があります。

例えばターゲットが20代の女性なのであれば、新聞の折り込みチラシで集客するのは難しいでしょう。なぜならチラシが見込み客の手元に届く可能性が低いからです。よってこの場合街頭でチラシを配った方が、反響は大きいと言えるでしょう。

更に手段を選択した後は、どの区域に重点的に配るかを考える必要があります。
広告宣伝に掛かるコストは軽視出来ません。よってあらかじめ自作チラシでスケールの小さいテストを行うと、比較的失敗のリスクを避ける事が出来ます。

ワードなどで作ったチラシを1000枚ぐらい配り、反響を見てみてはいかがでしょう。

これをいくつかの区域で繰り返し行えば、どの辺りで反響があるのかの察しが付きます。

また1度に1万枚のチラシを配布するのではなく、3000枚を何度か繰り返し様子を見るのも良いでしょう。

不特定多数の人に何度も定期的に配布する事で、意外な所にニーズがある事に気付けるかも知れません。

最後までお読み頂きありがとうございます。

期間限定 集客できるチラシを無料で欲しい方は他にいませんか?

なぜ「横綱のチラシ」を集客ができてしまうのか?

・新規制約数2.5倍以上
・安売りをせずに2倍以上の新規集客
・プロのコピーライターのレポートの特典付き

今ならこれらの成果を出したチラシのサンプルを無料でプレゼントしています!
期間限定の大サービスなので、この機会をお見逃しなく。