【複業スクール】定期的に見直す【Part2】

【定期的に見直す(Part2)】

From:南 憲司

広告を見直す

広告費は単純に抑えるものではない。

集客の仕組みの一環なので、売り上げ自体も下がってしまい

利益も取れなくなってしまう。

よく新聞の下の方に通信販売で健康食品の広告がある

その時に 会社に申し込む時にこの番号をお伝えください、とか

〇〇新聞みた、と言ってください と書いてある。

これは、いくつもの新聞や雑誌に同時に、または時期をすこしずつ

ずらして、広告していくので、会社は、どの広告からどのくらいの

申し込みが来るのかを把握するために番号や、何を見たかを

聞くのである。

広告は、効果を計らなければ無駄なのかがわからない。

また絶えず計測し続けて、理由を仮定してそれを測定し続ける

ことが重要になる

自分は、効果測定の仕方がわからなかったので、広告代理店の

言われるまま、広告削減=売上減の恐怖感のみで長年にわたって

無駄だと思われる広告を出し続けてきた。

無駄な広告は自社も、お客様も得しない。

得するのは広告関係者のみ。

この構図を知れば、まず自らが他人任せにしないで、広告効果の

定期的な数値化を勉強して把握することがいかに大事かわかる

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓