【複業スクール】危機に直面したとき対処する方法

【危機に直面したとき対処する方法】

From:野呂 太輝

今回は危機に直面した時に対処する心構えをお話しようと思います。

あなたは危機に直面したときどうなさいますか?

おそらく、やだなぁ、取り組みたくないなぁと思いませんか?

そしてその問題からどうしても逃げられなくなった時に

仕方がないから頑張って対処する。

夏休みの宿題とよく似ていますね笑

それは人間心理的に普通のことなのです。

人間は本能的にそういう風なプログラムを抱えて生きています。

それが無意識に発動し、日々の行動を決めているのです。

危機に直面したらまず逃げて、逃げられなくなった時に

その問題と「戦う」ことを人は決めます。

多くの人はこういう風に無意識に本能が働きますが、

この逃げるという行為の前にもうひとつ人間が無意識に

している行動があります。

それは「すくむ」という行動です。

例えばあなたが外を歩いていて

人や、自転車、車などとぶつかりそうになった時に

体がビクッと硬直したりしませんか?

あの行動です。

問題が見えたらまず「すくみ」、そして「逃げて」、最後に「戦い」ます。

これをビジネスに例えると

問題が起きた時に極力その問題を無視しようとする。

これが「すくむ」になります。

そして次は問題として認識はするけど

他の作業を優先して積極的にその問題を後回しにします。

これが「逃げる」になります。

そして、それらが使えなくなった時に問題に対処する。

「戦う」というわけですね。

問題を率先的に解決できる人というのは

すくむ、逃げるという行動が極端に短いです。

それは自分のことを理解して、もうそれは起こることはしょうがないと認め

積極的に戦うようにしているからです。

いかがでしたでしょうか?

問題が起きたときすくんだり逃げたりすることは、人間として仕方ありません。

ただこれを理解していれば、「あとあとやらなきゃいけないなら今戦おう!」という気持ちになります。

もし、嫌なことがあればこのことを思い出して問題に立ち向かってくださいね。

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓