【複業スクール】会社の見える化【Part2】

【会社の見える化(Part2)】

From:南 憲司

組織の長の中には管理者と監督者がある

管理者とは人事や仕事の配置、など一定の権限を任せているポジション、部長とか課長
とか

監督者は、現場で決まった仕様通り仕事ができているかを見る役割でリーダーとか呼ば
れるものとすると

経営者側からは管理者のところから下の組織の人たちは管理者任せになりやすく、現場
を見なければ実際何が起こっているのかわからない。

自分は比較的長い間、管理者の管理や管理者に対する権限移譲の考えが、あまりなかっ
たので現場や事務の管理者の暴走を許してしまい会社にダメージを与えていたことがある。

現場のスタッフたちにとって経営者の言葉や掲げるミッションなどより、自分を評価し
たり、自分の仕事を有利にも不利にもできる直接の上司の顔色を伺うのは当然といえば
当然で、それを”任せたから”という状態でほっておいては、どうなるかは明らかだ

管理者が権限をどう使って部下に動いてもらっているのか、
会社のミッションが伝わっているのか、権限を私利私欲に使っていないかを現場からの
直接のフィードバックのルートをしっかり作って
現場のスタッフの気持ちや考えを少しでも見える化することが必要だ

また経営者の考えや向かう方向を常にスタッフや社外に伝え続けることが経営者の大事
なしごとだと思う。これも見える化のテーマだ

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓