【複業スクール】一つだけのことに頼る恐怖

【一つだけのことに頼る恐怖】

From:野呂 太輝

今回は一つのことだけに頼りきることの怖さについてお話していきます。

この前僕が経験したお話ですが財布を落としました(笑)

コンビニ行ってた帰りに落としたとかであれば
多くの方は面倒ではありますけれど家に帰ることはできるでしょう。

ですがたまたまと言うか運悪くと言うか
友人と大阪に行ってた時に財布を落としてしまいました。

友人と晩御飯を食べてさぁ会計しようという時に
財布を取り出そうとしてヒヤリ・・・

ポケットにもカバンの中を探しても財布がない

さてどうしよう。
ひとまずお店の会計は友人に払ってもらって
今までの行動を逆算してお財布を探します。

それでも見つからない・・・

友人とは大阪で別れるので最寄り駅までついてきてお金を払って
もらうことはできません。

かと言って大阪-三重(僕の住所)を移動するだけのお金もない。

ですが財布を落とした僕は特に慌てることも焦ることもありませんでした。

なぜなら普段モバイルSuicaで移動していたからです。

これを使っていたので財布をなくして現金が1円すらなくても
アプリからスマホにチャージして
何一つ問題なく家に帰ることができました。

今回の何が教訓かと言うと一つのことに頼っていてはそれがなくなった時にどうしようもなくなるということです。

例えば僕が現金主義で現金で切符を買う以外の方法を持っていなかった場合
本当に途方にくれる羽目になってたでしょう。

ですが、モバイルSuicaという手段を持っていたことで
痛手は負いましたが、何もできなくなるという状況には
陥りませんでした。

これがビジネスだったらどうでしょう?

あなたのビジネスが一つの取引先やプラットフォームに依存していたら?

もし何かの都合でそこが使えなくなった時にあなたのビジネスは立ち行かなくなってしまいます。

一つという数字はビジネスにおいてとても恐ろしいものなのです。

もしあなたがなにか一つのものに頼りきりでビジネスをしているのであれば
保険をかけて第二第三のモノや方法を探すことをおすすめします。

PS.財布を落とした次の日の朝には警察署から電話がかかってきて、落とし物として届けられていたそうです(笑)
特に中身も変わりないようで、拾ってくれた方に感謝ですね

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓