【複業スクール】ダイエットと売上アップの共通点

【ダイエットと売上アップの共通点】

From:野呂 太輝

今回はダイエットと売上アップの意外な共通点についてお話していこうと思います。

とあるダイエットコーチの方がセミナー参加者にまず第一にしてもらうことは
「今より小さな食器を買うこと」だそうです。

なぜ人が太るのかは運動をしていないから…ではなく、食べ過ぎがほとんどの原因です。。
ダイエットのために運動する人は多いですが、運動で消費できるカロリーなんてたかが知れているそうです。

お茶碗一杯分のカロリーを消費するにはジョギング30分程度の運動が必要。
それなら食べる量を減らす方が痩せやすいですよね?

食器を小さくすることで、物理的に食べる量が少なくなります。
しかも、同じ量でも小さい器の方がたくさんあるように見えるので、視覚的に満足しやすいんだそうです。

この話、ビジネスも似ていると思いませんか?
例えば、売上アップしたい、というときに多くの人は集客をすることを真っ先に考えます。
もちろん持続的な成長のために集客は大事です。

でも、まず売上をあげるなら既存のお客さんに向けてリピートしてもらうほうが簡単です。
なぜならリピートの獲得コストは新規客の獲得コストの5分の1〜10分の1ということを知っていれば、簡単に理解できます。

さらに、リピートの仕組みを作ってから新規客を獲得した方が儲かります。

そしてそれを実行するには、例えばお客様の名前や住所がわかる仕事ですと
1,お礼のハガキを作っておいて、あとは宛名を入れるだけの状態にしておく
2,一定期間購入しなかったら再購入を促すメールを送る

というように購入してくれたお客さん対するフォローを誰もができるようにしておくことが望ましいです。

どうやって「簡単に」実行できるようすべきか?
あなたが達成したい目標、解決したい問題は、あなたが取り組んでいる方法で大丈夫でしょうか?

実はもっと簡単な方法があるかもしれませんよ。
そのためには数字を根拠に、合理的に考えることが必要になってきます。

そして、合理的に考えた結論を実行に移す為に、できるだけ実行のハードルを下げてゆきます。

実は合理的に考えるというところまでは割とできる人が多いんです。
ですが、その実行のハードルを下げるところまで考える人は意外と少ないんですね。

あなた一人で仕事をしている場合は、根性でなんとかなるかもしれません
しかし、スタッフがいたりするとそうはいきません。

合理的にはコチラが正しいと言っても、なかなか行動してくれません。
合理性で行動してくれるなら、マネジメントに苦労する方はいませんからね(笑)

ですので、いかに実行へのハードルを下げるのか。

これを考えてみると今以上に他に人に仕事をさせやすく、
あなた一人で仕事をしていたとしても人数が増えた時に対処しやすいので、
おすすめですよ。

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓