【複業スクール】なぜ、組織にパワハラが起きるのかが分かってない

【なぜ、組織にパワハラが起きるのかが分かってない】

From:南 昭和

最近、社会でパワハラが問題になっている。

これは、昔からあって最近表面化してきただけ。

立場が強い者が、立場の弱い者に対して言葉や暴力で
いうことを聞かせる。

一番多い解決方法は、権力者を皆で吊るしあげて権力の座から
引きずり下ろすこと。

では、なぜ昔からこれを繰り返しているのに
新しい権力者がパワハラをしてしまうのか?

どうやら”権力者の人柄”の問題ではないようだ。

解決方法は2つ
一つ目は、”しくみ”の問題。

組織という概念は、ピラミッドのイメージのヒエラルキーである。
最下層は一つ上の層の立場の者の命令を聞く、
それの頂点トップがいる、
自分の上の階層の命令が絶対になる。

いくら、社長が「当社ではパワハラはしない!」といっても
途中の部長や課長クラスでパワハラはなくならない。
その部署では権力者なので、今までと変わらずにいる。

弊社でも、そんな時期があった。
部長職の人間が自分の部下に対して権力を振りかざしていた。

”権力者の人柄”を変えるのは、非常に困難である。
(その考えと人柄で、権力を手に入れたので本人も変えるつもりがない)

弊社は、”しくみ”を変えた。

”上司に従うのでなく、会社のミッションに従う”

仮に、社長の命令でもミッションに反すること
自分の私欲やエゴであれば、拒否する。

組織という複数の人が集まるなら
”ミッション”を明確にして
ピラミッドでなく”ミッション”を中心に人を統制する。

二つ目は、
”依存心の文化”をなくす。

組織には明文化されてはいないが、
その組織での”当たり前”という文化というものが存在します。

パワハラが生まれる土壌に、
”依存心の文化”があります。

モンスター化した権力者も、最初はそこまでひどくなかったはず
(その立場になる前に、皆逃げ出してしまうので)
まわりが、その人に過度に依存して
困ったこと、嫌なこと、実績や成果などを
その権力者の依存し続けた結果、
言うべきことが、言えないようなってしまった。

今、世間で騒がれているようなパワハラ問題も
その権力者をモンスターにしてしまったのは、
まわりが依存し続けてきからだろう。

その側面に目を向けないで、権力者だけをバッシングするのは
違和感を感じる。

 

金太郎マーケティングでは、
「時代変化や社会に左右されずに複数の収入を持ち続けるあなたになる」
をテーマにした”複業スクール”セミナーを開催しています!!
セミナー参加の申し込みはコチラまで
↓↓